ドクターエルミスゼロとケノンの比較

家庭用脱毛器をあれこれ調査しました。
「ケノン」や「ブラウン」、「パナソニック」と言われるもの。
それらのうち、私がお勧めだと思ったのが、「ケノン」と「ドクターエルミスゼロ」でした。

 

「ケノン」と「ドクターエルミスゼロ」のどっちにしたら良いか最後まで迷いました。

 

ドクターエルミスゼロ vs ケノン 違いを比較

 

品名

ドクターエルミスゼロ

ケノン

商品画像 ドクターエルミスゼロ vs ケノン ドクターエルミスゼロ vs ケノン
販売価格 53,784円 98,000円
最安値 53,784円 69,800円(目的に合わせてカートリッジを買い足す必要がある)
カートリッジ 交換できない(使い捨て)

交換式・
カートリッジ代かかる

出力レベル 5段階 10段階
照射面積 3.0? 最大9.25cm2(カートリッジで異なる)
照射可能回数 120万発 300万発(1レベル),50万発(10レベル)
使用方法 冷却不要 一回の照射ごとに、保冷剤で肌を冷やす必要がある
VIO可能か? V(ビキニライン)のみ

V(ビキニライン)のみ

 

説明書ではIO部分は禁止されている

美顔器として使える 可能 可能
子供でも可能か? 15歳以下の子供に使用しない 子供には使用しない
メリット

クルールラボ国内製造

 

エステ専用機器や家庭用美容機器を作っている製造業者
全身5分ノンストップ

2012年度から販売し実績がある。
お手入れ回数 1週間に1回 2週間に1回
公式サイト

ドクターエルミスゼロ

ケノン

 

 

ドクターエルミスゼロとケノンの違いを比較

 

 

ドクターエルミスゼロに決めた理由

 

ドクターエルミスゼロに決めたポイントは、出力を上昇させも、照射速度が変わらない点と、
お肌の色に合わせて全自動で出力レベルを調節してくれるところが決め手となりました。
言うまでも無く、手作業で出力レベルを変えることも可能です。

 

ただ、去年発売されたばかりの最新の脱毛器なので、体験談や感想もほとんど無く、
脱毛効果の面でちょっと不安はありましたが、ドクターエルミスを開発した会社が、
エステへの機器も販売している会社だったので、信用しようと思いました。

 

子供と一緒に、短時間で脱毛処理できることが、購入の決定ポイントとなりました。

 

 

ドクターエルミスゼロとケノンの違いを比較

 

 

ケノンを買わなかった理由

 

「ケノン」は売上数実績があって、脱毛効果も期待できそうでした。
ところが、1照射の前後に10秒ずつ保冷剤で冷却しないといけないのは、
時間がかかり面倒になって、私自身は使用しなくなりそうなので、候補から外しました。

 

ケノンの特徴である「カートリッジ」が交換できるのも6タイプあって、
種類によって4,300円から19,800円のお値段で発売されているので、
時間が無い私には、選ぶのもイヤになってきました。

 

それに肌に合わせて、自分自身で出力モードを変えなければならないのです。
ただ、販売実績も多く、口コミやレビューも多く、保冷剤でいちいち
冷やさないといけないけど、カートリッジの種類の交換などで
脱毛効果は高いのではと思いました。

 

私自身は、元来毛深いのですが、エステで脱毛したので、
現在は毛は少なく、手軽に娘たちと一緒に使いたいので、ケノンを選択肢から外しました。

 

「ドクターエルミスゼロ」は、カートリッジは使い切りなんですが、
一家全員で使用しても十分な照射回数があり、仮に、その回数が終わり、
買い代えるタイミングでは、最新技術の良い脱毛機器ができているのではないかと考えたので、
大したネックではないと結論づけました。

 

一方で、ドクターエルミスゼロは、お肌の色に合うように照射レベルが自動設定され、
照射時間も変わらず時間を取られないのです。

 

不器用で面倒臭がり屋な上、フルタイムの今の仕事と子育て奮闘中の私には、
効率的なスピーディー点を優先して、「ドクターエルミスゼロ」に決めました

 

 

まとめ

 

ドクターエルミスゼロがオススメな人

 

  • とにもかくにも面倒を省きたい人
  • 最新の脱毛器を試したい人
  •  

    ドクターエルミスゼロとケノンの違いを比較

     

     

     

    ドクターエルミスゼロとケノンの違いを比較

     

     

     

    ケノンがオススメな人

     

    • 手間と金銭面はかかっても、脱毛効果を重視する人
    • カートリッジの交換式がいい人

     

     

    ケノン